11/24 レオナルド・ブラーボ ギターリサイタル


2020年11月24日(水)19:00開演
東京オペラシティ近江楽堂

 

曲目等詳細未定
※発売日等決定次第お知らせします。

 

Profile

レオナルド・ブラーボ / ギター
Leonardo Bravo / Classical guitar, Tango & Folklore Argentino
アルゼンチンが世界に誇るギタリスト。パラナ生まれ、国立ロサリオ大学芸術学部音楽学科修了。アルゼンチン国内を始め南米、北米、ヨーロッパ各地でコンサートを行い、ギタリスト、作曲家として数々の賞を受賞。 2003年来日、日本を拠点に演奏活動を開始。2004年日本デビューリサイタル、2005年リサイタルツアーは各方面より高評を得る。以後日本国内の他アジア、南米、北米の国々でギターソロ、デュオ、アンサンブル等の演奏活動を展開している。2009年米国マーシャル大学よりジョン・エドワード特別芸術賞を受賞。2010年レオナルド・ブラーボタンゴ楽団を結成。2011年よりタンゴの歌詞についての講座を開始する。CDでは、これまでに独奏、二重奏のCDをリリースする他、指揮、ディレクターとしても多くのCD制作に携わる。M・コロネルとのデユオCD「El entrevero エル・エントレベロ(闘争)」、ソロCD「El alma en la raiz エル・アルマ・エン・ラ・ライス(魂の根より)」はイギリスとフランスのギター誌で高く評価された。2008年ギターを学ぶ人のための作品集「五つの小品」をフォレストヒル・エディションより、2013 年タンゴ名曲編曲集を現代ギター社より出版。レパートリーはクラシック、アルゼンチンタンゴおよびフォルクローレ。とりわけ祖国の音楽であるタンゴ、フォルクローレに造詣が深い。公式web site https://www.leonardo-bravo.com/