2021/11/17(水)野々下由香里 小坂圭太 デュオコンサート<フランスの浪漫>

野々下由香里S 小坂 圭太pf

デュオコンサート
— フランスの浪漫 —
2021年11月17日(水)ムジカーザ

PROGRAMME
G. フォーレ
薔薇

L. ヴィエルヌ
《3つの夜想曲》より※
C. ドビュッシー
《叙情的散文》
M. エマニュエル
ソナチネ1番「ブルゴーニュ風」Op.4 ※
C. ドビュッシー
《フランソワ・ヴィヨンの三つのバラード》

 ※曲目はやむを得ず変更になることがあります、ご了承下さい。※ピアノ曲
全席自由 前売4500円/当日5000円
ご予約・お問合せ(マネジメント)オフィスアルシュtel.03-3565-6771
チケット取扱い  
イープラスhttps://eplus.jp/sf/detail/3451650001


後援   東京藝術大学音楽学部同声会

野々下由香里 ソプラノ
大分県出身。東京藝術大学声楽科を首席で卒業、同大学院修了。関西フランス音楽コンクール、第4回日仏声楽コンクールともに第1位入賞。パリ・エコール・ノルマル音楽院留学中の‘89年「フィガロの結婚」ケルビーノ役でレンヌ歌劇場にデビュー。ナント、リオ・デ・ジャネイロ等国際声楽コンクールに入賞。帰国後は、BCJ(バッハ・コレギウム・ジャパン)のソリストとして国内外の公演に参加。北とぴあ国際音楽祭ではバロックオペラで古楽オーケストラとともに聴衆を魅了している。ジョージ・ベンジャミン「冬の心」を作曲家自身の指揮で東フィルと日本初演、権代敦彦らの作品を世界初演。録音は25点を超えるBCJとのCDをはじめ「フォーレ《小ミサ》(ジャン・フルネ指揮)」「月の光~エラールピアノとフランスのうた~(レコード芸術誌特選盤)」などがある。日仏声楽コンクール審査員。東京藝術大学古楽科教授。お茶の水女子大学非常勤講師。
小坂 圭太 ピアノ
東京藝術大学、同大学院修了。1985年第54回日本音楽コンクールピアノ部門入選、1989年第58回同コンクール委員会特別賞(協演賞)受賞。在学中より、ソロ・伴奏・室内楽・コレペティトゥアやオーケストラの鍵盤楽器等多方面で活動、サントリー・アリオン・アフィニス・京都市・水戸市・藤沢市などの音楽/文化財団主催公演コンサートやNHKのFMリサイタルやTV「BSプレミアム」等にも度々出演している。お茶の水女子大学基幹研究院教授。愛知県立芸術大学音楽学部、相愛大学音楽学部でも後進の指導にあたっている。