2022/11/20(日) 大木麻理オルガン・リサイタル  J.S.バッハ:オルガン作品全曲演奏シリーズ  第2回 「両親との別れとバッハの旅立ち」@静岡音楽館AOI


大木麻理オルガン・リサイタル  
J.S.バッハ:オルガン作品全曲演奏シリーズ  
第2回 「両親との別れとバッハの旅立ち」

 

2022年11月20日(日)
静岡音楽館 AOI

 

前奏曲とフーガ イ短調 BWV551
「古き年は過ぎ去り」BWV1091
「主なる神よ、いざ天の扉を開きたまえ」BWV1117
「キリストこそは我が命」BWV1112
「主イエス・キリスト、汝最高の宝よ」BWV1114
レグレンツィの主題によるフーガ ハ短調 BWV574
「主なる神よ、いざ天の扉を開きたまえ」BWV1092
「心より汝を愛さん、おお主よ」BWV1115
「今やしかばねを葬らん」BWV1111
「神のなしたもうことに理あり」BWV1116
「我がことを神にゆだねたり」BWV1113
フーガ ハ短調 BWV575
前奏曲とフーガ ニ短調 BWV549a
「いと高きところの神にのみ栄光され」によるフーガ BWV716
「神よ、汝の慈悲によりて」BWV724
「おお父よ、全能の神よ」BWV758
「われらみな、唯一なる神を信ず」BWV765
前奏曲とフーガ ハ長調 BWV531
コラール・パルティータ「キリストよ、汝は明るい日」BWV766
アッラブレーヴェ ニ長調 BWV589

 

全席指定   一般3000円/学生2000円
2022.6.5発売予定

■ご予約・お問合せ:

オフィスアルシュ tel.03-3565-6771
■チケット
取扱(予定)
チケットぴあ  https://t.pia.jp/classic/

蔦屋書店静岡本店プレイガイド tel.054-274-2666
すみやグッディ本店 
tel.054-253-6222

静岡リビング新聞社 tel.054-255-1231

協力:大木麻理オルガンリサイタル実行委員会

監修:加藤拓未



J.S.バッハ:オルガン作品全曲演奏シリーズ

〜フォルケル伝によるバッハ自身のリサイタルを基に〜 

 

第1回「バッハのオルガンの宝石箱」2021.10.8(終了)

第2回「両親との別れとバッハの旅立ち」2022.11.20

第3回「イエスを待ち望むバッハ」

第4回「青年バッハの想い」

第5回「バッハのクリスマス」

第6回「ほとばしるバッハの独創性」

第7回「バッハの受難への黙想」

第8回「若きバッハの傑作」

第9回「バッハ、イースターの喜び」

第10回「バッハの日々の信仰」

第11回「バッハのトリオ・ソナタ」

第12回「応用するバッハ」

第13回「バッハの集大成」

 

第14回「バッハ晩年のオルガン音楽」

オルガン
製作:アルフレッド・ケルン社/ストラスブール

41l個ストップ     ストップリスト

パイプ数:2868本



Profile

大木麻理  Mari OHKI

静岡市出身。東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了、アカンサス音楽賞受賞。 オルガンを菊池みち子、廣野嗣雄、椎名雄一郎、チェンバロを鈴木雅明、大塚直哉、アンサンブルを今井奈緒子、廣澤麻美の各氏に師事。DAAD(ドイツ学術交流会)、ポセール財団の奨学金を得てドイツ・リューベック国立音楽大学、デトモルト音楽大学に留学、アルヴィート・ガスト、マルティン・ザンダー、ミヒャエル・ラドレスクの各氏に師事、満場一致の最優等で国家演奏家資格を得て卒業。2007年第34回日本オルガニスト協会新人演奏会出演、2008年第13回「静岡の名手たち」、2012年第3回ブクステフーデ国際オルガンコンクール優勝(邦人初)、2010年マインツ国際オルガンコンクール第2位、2013年第65回「プラハの春」国際音楽コンクールオルガン部門第3位、併せてチェコ音楽財団特別賞受賞。2016年ミューザ川崎シンフォニーホール主催「オルガンの未来へⅢ」の公演企画オーディションにて意欲的なプログラムが評価を得て採用される。CDでは、2018年デビューアルバム「エリンネルンク オルガン音楽・300年の伝統」、2020年ポジティフ・オルガンに新たな可能性を吹き込む最新アルバム「51鍵のラビリンス」をリリース、いずれもレコード芸術特選盤など高い評価を得る。オルガンで参加した「Live from MUZA」(サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」)は、2020年度第58回レコード・アカデミー賞(録音部門)受賞国内外のオーケストラ、アンサンブルと多数共演。NHK「リサイタル・ノヴァ」をはじめラジオや TV 出演などオルガン音楽の普及に努めており、個々のオルガンの可能性を活かした音色作りと高いテクニックは、多くのファンを魅了している。(一社)日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。現在、神戸女学院大学及び東洋英和女学院大学非常勤講師、聖グレゴリオの家講師、彩の国さいたま芸術劇場「みんなのオルガン」講師。2018年4月よりミューザ川崎シンフォニーホール・オルガニスト。


ご挨拶
いつの日かバッハ全曲演奏会を静岡で、という長年の想いを、ついに実現する時が来ました。オルガンとの運命的な出会いをしたこのホールは、私にとってまるで、音楽の「ふるさと」のような場所です。そのふるさとで新たに始まる壮大な挑戦を、応援していただけましたら幸いです。

大木麻理(第1回プログラムより)