音楽と美術の幸せな結婚
大塚直哉レクチャー・コンサート・シリーズ(5)
国際都市ロンドンのアートシーン

2020年3月28日(土)★17:00 開演 
よみうり大手町ホール

(東京都千代田区大手町1-7-1)

 

大塚直哉 (案内役 オルガン、チェンバロ)
桐山建志 (バロックヴァイオリン)
大西律子 (バロックヴァイオリン)
トーク・ゲスト 林 綾野

ー 曲目 ー

ヘンデル:トリオ・ソナタ

コレッリ:トリオ・ソナタ

全席指定 4000円
ローソンチケット 0570-000-407

(オペレーター 10-20時)Lコード:32816
チケットぴあ 0570-02-9999(音声自動応答)
Pコード:140-057

 

最新情報 FBページへ

※22歳以下を対象とした特別割引当日券「U22当日券」を

設定します。当日券残席がある場合、当日受付にて開演1時間前から販売。年齢が確認できる身分証明書の提示が条件。なくなり次第販売終了。

主 催:読売新聞社



音楽と美術の幸せな結婚
大塚直哉レクチャー・コンサート・シリーズ(4)
ヨーロッパの十字路ウィーン

2019年5月30日(木)19:00 開演 
よみうり大手町ホール

(東京都千代田区大手町1-7-1)


大塚直哉(案内役、チェンバロ、クラヴィコード、フォルテピアノ)
トーク・ゲスト柳家花緑(落語家)

ー 曲目 ー

J.S. Bach:カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」
フローベルガー「ライン川を渡りながら作曲したアルマンド」

 

最新情報 FBページへ

全席指定 4000円(終了)
※22歳以下を対象とした特別割引当日券「U22当日券」を

設定します。当日券残席がある場合、当日受付にて開演1時間前から販売。年齢が確認できる身分証明書の提示が条件。なくなり次第販売終了。

主 催:読売新聞社
協 力:久保田チェンバロ工房

 



速報 ★シリーズ情報(4)2019.5/30(5)2020.3/28 は、音楽と美術の幸せな結婚 FBページ をご覧下さい。


シリーズ第3回(2019.1.25)は終了しました。

■第3回 
2019年1月25日(金)19:00開演 よみうり大手町ホール
絵の中にとらえられた響き―ブリューゲルが描いた《聴覚》「ブリューゲル展」の名画と音楽

オルガン、チェンバロ:大塚直哉 
リコーダー:ラファエラ・ダンクザークミュラー

ヴィオラ・ダ・ガンバ:西谷尚己 
トーク・ゲスト:山田五郎

 全席指定 4000円 (終了しました)  

お問合せ:オフィスアルシュ tel.03-3565-6771

会 場:よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1 

読売新聞東京本社ビル内)
主 催:読売新聞社

よみうり大手町ホール イベントカレンダー  

読売新聞社 イベントページ  

★シリーズ専用FBページ



ラファエラ・ダンクザークミュラー、西谷尚己、大塚直哉 

CD「うつろな瞳」のメンバーが◎◎年ぶりに東京に集結。

1/25 「音楽と美術の幸せな結婚」第3回に出演します、是非ご来場下さい。


CD情報は、、

http://waonrecords.jp/waoncd090.html#

 

尚、本CDは大塚直哉のコンサートが行われる会場でお買い求め頂く事ができます。(※全てのコンサートではありません)
大塚直哉公式website http://utremi.na.coocan.jp/


「音楽の友」6月号コンサートレヴューに 4/13 演奏会評が掲載されました。

大塚直哉レクチャー・コンサート・シリーズ[よみうり大手町ホール]《音楽と美術の幸せな結婚》全3回

2018~2019年に開催される読売新聞社主催の3つの展覧会、「プラド美術館展」「ルーヴル美術館展」「ブリューゲル展」を題材に、大塚直哉がシリーズを通しての案内役となり、演奏やトークのゲストとともに、音楽と美術の世界を合わせてお楽しみいただく3つの公演を開催します。NHK-FM「古楽の楽しみ」でも、分かりやすい解説とソフトな語り口が人気の大塚直哉が、毎回異なるゲストを迎え、ライブでお届けするトークと演奏。音楽と美術の「幸せな結婚」によってもたらされる、耳にも美しく目にも美しいひとときを、響きの良いよみうり大手町ホールで、どうぞお楽しみください。


■音楽

耳にも美しく目にも美しいひとときを



 第1回(終了)

2018年4月13日(金)19:00開演 
音楽と絵画が映し出す栄光の17世紀スペイン「プラド美術館展」の名画と音楽 

オルガン・ヴァージナル:大塚直哉 メゾ・ソプラノ:波多野睦美 トーク・ゲスト:中野京子(作家・ドイツ文学者)

第2回(終了)

2018年8月6日(月)19:00開演 
肖像を刻む―視覚と聴覚によるポートレート「ルーヴル美術館展」の名画と音楽 

チェンバロ:大塚直哉 トーク・ゲスト:ヤマザキマリ(漫画家・随筆家)


シリーズ第一回は好評の内に終了しました。

《音楽と美術の幸せな結婚》大塚直哉レクチャー・コンサート・シリーズ 公演 Ⅰ
音楽と絵画が映し出す栄光の17世紀スペイン:「プラド美術館展」の名画と音楽


PROGRAM
スウェーリンク:スペインのパヴァーヌ
D.スカルラッティ:ソナタ イ長調
F.コレア・デ・アラウホ:第2旋法のティエント(No.59)
ホセ・マリン:「蔑みの瞳」
「もう思わないでくれ、メンギージャ」
《モンセラートの朱い本》から「母なるマリア」 
フレスコバルディ:十字架にたたずむマッダレーナ
ソレル:ファンダンゴ
パーセル:美しい島
スウェーリンク:それは軍神マルス
B.ストロッツィ:恋するヘラクレイトス




■美術

関連美術展のご案内

公演1(4/13)に関連

プラド美術館展 

ベラスケスと絵画の栄光

2018年2月24日(土)〜5月27日(日)国立西洋美術館

展覧会サイトはこちら

..................................................................

◎3月2日(金)17:00〜18:00(終了)国立西洋美術館講堂

大塚直哉レクチャー・コンサート

「絵の中から聴こえてくる響き〜チェンバロで綴るベラスケスの時代の音楽」

入場無料、先着順。
当日15時にインフォメーションで整理券配布。(ただしプラド美術館展の入場券は必要)

詳しくはこちら

 

公演2(8/6)に関連

ルーヴル美術館展 

肖像芸術—人は人をどう表現してきたか
2018年5月30日(水)〜9月3日(月)
展覧会サイトはこちら

公演3(2019.1/25)に関連

ブリューゲル展 

画家一族 150年の系譜
2018年1月23日(火)〜4月1日(日)

東京都美術館
展覧会サイトはこちら

.................................................................

※東京展のあと、愛知、北海道、広島、福島に巡回します。
2019年1月25日のコンサート開催の頃は、郡山市美術館で展覧会開催中です。
2018年4月24日(火)〜7月16日(月・祝)豊田市美術館
2018年7月28日(土)〜9月24日(月・祝)札幌芸術の森美術館
2018年10月8日(月・祝)〜12月16日(日)広島県立美術館
2019年1月11日(金)〜3月31日(日)郡山市美術館



Profile

■大塚直哉(おおつか・なおや) 

東京藝術大学大学院チェンバロ専攻、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびオルガン科修了。「アンサンブル コルディエ」「バッハ・コレギウム・ジャパン」などのアンサンブルにおける通奏低音奏者として、またチェンバロ、オルガン、クラヴィコードのソリストとし て活躍するほか、これらの楽器に初めて触れる人のためのワークショップを各地で行っている。チェンバロのソロCD「トッカーレ[触れる]」(ALM RECORDS)のほか録音多数。現在、東京藝術大学音楽学部教授、国立音楽大学非常勤講師。宮崎県立芸術劇場、彩の国さいたま芸術劇場、台東区旧奏楽堂のオルガン事業アドヴァイザー。