谷辺昌央  Masao Tanibe, guitar


photo by Leonardo Bravo

Profile
1974年名古屋市生まれ。4歳より早期音楽教育を受け、7歳から父のもとでギターを始める。その後、酒井康雄、鎌田慶昭に師事。東京大学文学部卒業後渡独、1999年よりケルン音楽大学にてR.アウセルに師事し、首席卒業。古楽をK.ユングヘーネルに、現代音楽をP.アルヴァレスに、音楽現象学をH.リウの下で学ぶ。カールスルーエ音楽大学にてA.フォン・ヴァンゲンハイムに師事し国家演奏家資格を取得。
1986年学生ギターコンクール第1位、GLC最優秀賞、1988年クラシカルギターコンクール第1位、1995年東京国際ギターコンクール最高位、2004年ゲーベルスベルク国際ギターコンクール 第1位、 2005年ホセ・トーマス国際ギターコンクール首席入賞、2006年ノルバ・カエサリーナ国際ギターコンクール第1位、ジョアン・ファレッタ国際ギターコンチェルトコンクール第2位、聴衆特別賞など、多数のコンクールで入賞。
2005年ケネディーセンター主催のリサイタル、2006年はニューヨークにおけるバッファロー・フィルハーモニーとの共演(全米およびEU全域にラジオ中継)を皮切りにドイツ、アメリカ、スペイン、モンテネグロ、ブラジル他のオーケストラと共演。アルゼンチン「世界のギター音楽祭」他、ヨーロッパ各地、アジアのフェスティヴァルに招かれリサイタルを行う。西ドイツ放送、アルゼンチン国営放送、西ニューヨーク放送等へ出演。ドイツ、エルツゲビルゲ・フィルハーモニーとの共演では、武満徹、林光、ロドリーゴの3協奏曲を一晩で演奏。2008年南米ツアーにおいては、ブラジルで日系移民100周年記念事業の一環として、林光のギター協奏曲「北の帆船」を南米初演。NHK・名曲リサイタル出演、2013年国際交流基金派遣のヨーロッパ・ツアーを行う等国内外で活発に活動。武満徹音楽祭in福岡では武満徹没後20周年記念リサイタルを行い好評を得た。
録音では、ALM RECORDS/コジマ録音より2010年「アセントゥアード」、2013年「すべての人のための祈り~ラテン・フォルクローレの煌めき~」、2017年「ロッシニアーナ~ギターで聴くオペラの世界」、2021年「武満徹・細川俊夫 声とギターの世界」、2022年「フォリオス 武満徹ギター作品集」をリリース。いずれもレコード芸術特選盤、読売新聞サウンズボックス特選盤など各方面より高い評価を得る。また2015年ドイツMDGレーベルより世界同時発売した「日本人作曲家によるギター協奏曲/武満徹、細川俊夫、林光」は話題を呼んだ。2013年名古屋音楽ペンクラブ賞、2015年第31回名古屋市文化振興事業団芸術創造賞受賞。



2023 コンサートと講座


■CD「武満徹・ギター作品集」リリース記念リサイタル

比類なきテクニックで「研ぎすまされた音」を追求し続ける谷辺昌央(たにべ・まさお)。日本を代表する2人の作曲家のギター作品を集めたCD2タイトルを続けてリリース、いずれも高い評価を得ている。今回のリサイタルではそれらの作品から選り抜いたプログラムをじっくりお聴き頂きます。


2023/04/25(火)19:00 @MUSICASA (終了)
好評のうちに終了しました、ご来場の皆様ありがとうございました!
5月は広島にお邪魔します。お近くの方は是非お出かけください。

photo by Shumpei K.













団体概要  OFFICE ARCHES  / ARCHES Co.Ltd.

1996年設立  バロック、クラシックのコンサート企画、マネジメントを行なっています。

各公演に関するお問合せ、チケット予約、演奏依頼などお気軽にご連絡ください。

音楽プロデューサー協会会員


■感染症拡大防止策について:2023年6月以降実施の演奏会について、各ホール、会場のガイドラインに従って開催致します。詳細はこちらをご覧下さい。



更新期日 2024/05/22