早坂知子  Tomoko Hayasaka, soprano


早坂知子   ソプラノ

仙台市出身。常盤木学園高等学校音楽科、国立音楽大学声楽科卒業。米国エンポリア州立大学音楽学部修士課程修了。在米中にメトロポリタン・オペラ、ナショナル・オペラ・アソシエーション主催の声楽コンクールで入選・入賞。バロックから現代音楽までの幅広いレパートリー、力強い歌声、広い音域を持つドラマティック・ソプラノとして定評がある。サン・アントニオ歌劇場音楽監督A. クラデーラ、フロリダ・グランド・オペラ音楽監督M. ロッシ等の元、ワーグナー作品を中心にオペラ、楽劇に出演。プッチーニ《トゥーランドット》タイトルロール、ワーグナー《ニーベルングの指環》ブリュンヒルデ、ジークリンデ、モーツァルト《魔笛》夜の女王を演じた。帰国後も海外公演に出演の他、仙台を中心に活動を行っている。これまでに声楽を佐藤明子、佐竹由美、嶺貞子、梅村憲子、B. アーベル、P. スピーディー、A. クラデーラ、M. アロヨの各氏に、またアンサンブルを大塚直哉、音楽学を友利修の各氏に師事。

photo by Shunichi Atami