piano


藤原亜美  Ami Fujiwara, piano

(C) T.Kaneiwa
(C) T.Kaneiwa

Profile

東京藝術大学附属音楽高校を経て、東京藝術大学、並びにパリ国立高等音楽院を審査員満場一致の1等賞で卒業。1998年フランスで行われた第 3回オルレアン20世紀音楽国際ピアノコンクールにて第1位受賞。在仏中、各地での演奏の他、国営放送ラジオ・フランスの音楽番組にソロ、伴奏にて出演するなど活発に演奏活動を行う。パリに於いてデヴィッド・ロバートソン、ジョージ・ベンジャミン、アンサンブル・アンテールコンタンポランのメンバーによるアカデミーに参加。日本国内では札幌交響楽団(1995年)、東京交響楽団(1999年)、広島交響楽団(2017年)とソリストとして共演。現在東京を拠点に各地でピアノソロ、室内楽の分野において活動中。数多くの日本初演に携わる。2009年ブーレーズ・イン京都出演。東京シンフォニエッタ、 Ensemble sans-limite の各メンバー。ソロCDを含む録音多数リリース。第49回、51回レコードアカデミー賞(現代音楽部門)受賞。東京音楽大学、日本大学芸術学部講師として後進の指導にもあたっている。

ソロCDとして1999年「エチュードの妙技-20世紀の作曲家による」/2000年「モシュコフスキピアノ作品集」/2001年「モシュコフスキピアノ 作品集Ⅱ」/2002年「ポーランド現代ピアノ作品集」/2004年「エネスコ&リパッティピアノ作品集」/2005年「ドビュッシー前奏曲集第1巻/ベルガマスク組曲」/2007年「ジョリヴェピアノ作品集」(レコード芸術特選盤)を「レグルス」よりリリース。各方面より好評を博す。今までにテオドール・パラスキヴェスコ、神野明、ダリア・ホヴォラ、ジャン・ケルネール、アンリエット・ピュイグ・ロジェ、マリア・クリスティアン、ピオトル・パレチニ、ジャン・クロード・ペヌティエ、オルトンス・カルティエブレッソン、堀江孝子、佐藤安子の各氏に師事。

...................

最新の演奏会、CD情報は藤原亜美 公式website をご覧下さい。

 



黒岩 悠  Haruka Kuroiwa, piano

 

Profile

東京生まれ、5歳よりピアノを始める。桐朋学園音楽教室にて吉田文子氏、東京音楽大学附属高校にて弘中孝、宮崎和子の両氏に師事。在学中特待生奨学金を受け、卒業後渡欧、イモラ国際ピアノアカデミー(イタリア)にて研鑽を積む。フランコ・スカラ、ラザール・ベルマン、ボリス・ペトルシャンスキー、レオニード・マルガリウス、セルケイ・ババヤンに師事した他、イーヴォ・ポゴレリッチ氏より指導を受ける。大垣音楽祭室内楽演奏会にて最優秀新人賞受賞。マルサラ市国際コンクール、パドヴァ国際コンクールをはじめ多くのコンクールにて優勝及び入賞。またヨーロッパを中心に世界各地の音楽祭に招かれてリサイタルを行う他、ルーマニア国立バカウシンフォニーオーケストラ、ブランデンブルグ交響楽団、ベルリン・ニュープロイセンフィル、セントラル愛知交響楽団他、国内外のオーケストラ、アンサンブルと共演。独紙上では”鍵盤の王として、その必要とされる全ての物で魅了した” と高く評価される。近年はパリのサル・コルトー、イタリア・モーツァルト協会コンサート、ベルリン・メンデルスゾーン協会例会、軽井沢八月祭、フォルガリア音楽祭(Anna Kravchenko 監修)、チェコのThurn-Taxis音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オウ・ジャポンなどに出演。2012年、2016年ルガーノ フェスティヴァル”マルタ・アルゲリッチ・プロジェクト”に出演。アメリカ南カロライナ州での演奏はTVで放映され好評を博した。現在国内外で演奏活動を行う他、コンクールの審査員を務める等後進の育成にも力を注いでいる。 ALTUSより1stアルバム「Inspire to/from J.S.Bach」、2ndアルバム「LEGACY」をリリース、各方面より好評を得た。