2024/03/07  高橋明日香 リコーダーとピアノのための作品を集めて Ⅳ  / ピアノ:大瀧拓哉

終了しました。


photo by Shumpei K.

御 挨 拶
“リコーダーとピアノのための作品を集めてIV”にようこそお越しくださいました。本リサイタルシリーズは、2016年に“リコーダーとピアノのための20世紀の作品を集めて”としてスタートしましたが、2回目からは“20世紀の”をそおっと気づかれないように外し、邦人による委嘱初演作品をプログラムに組み込んでおりました。本日は、初回のコンセプトに立ち戻り、20世紀のリコーダー復興期に書かれた作品を選曲しました。

特に、ノーマン・フルトン《スコットランド組曲》とドナルド・スワン《ラプソディー・フロム・ウィズイン》は、イギリスでの古楽復興運動の立役者カール・ドルメッチ(1911-1997)のために書かれており、リコーダーの復興史において重要な作品と言えます。
同じく、イギリスのマルコム・ヘンリー・アーノルドは、交響曲、管弦楽曲、バレエ音楽、ブラス・バンド曲などを多数作曲した他、映画音楽を手がけたことでも知られており、このような大作曲家がリコーダーのためにソナチネや協奏曲を書いていることは知られざる事実ではないでしょうか。

ハンス・ウルリヒ・シュテープスはドイツのドルトムント生まれ。31歳でウィーンに渡り、その後35年間ウィーン市立音楽学校でリコーダー、チェンバロ、近代音楽理論の教鞭を執る傍ら膨大な数のリコーダー作品を残しました。本日演奏する 3 作品は、私自身初めて取り組む作品で、日本ではほとんど演奏されることのない作品ですが、ここでまたシュテープスの新たな一面と出会ったような気がします。シュテープスといえば、リコーダー四重奏曲 《七つの笛の踊り》 ばかりが思い起こされますが、彼の作曲家としての魅力は、埋もれている作品の中にまだ隠れているようなので、これからも暫くの間シュテープスと向き合って行こうと思います。
                                                                                                                高橋明日香


-CDリリース記念-

高橋明日香
リコーダーとピアノのための作品を集めて Ⅳ
大瀧拓哉 pf

H.U.シュテープス
ソナタ ニ長調
フリオーソ、ジーグ、アリア
プレリューディウム

M.アーノルド
ソナチネ op.41

2024年3月7日(木)14:00開演(13:30開演)終了

MUSICASA ムジカーザ 渋谷区西原3-33-1
全席自由 4000円
ご予約・お問合せ:オフィスアルシュtel.03-3565-6771
チケット取扱い:
ぴあ https://t.pia.jp 

イープラス https://eplus.jp 

高橋明日香 Recorder
上野学園中学校在学中よりリコーダーを専門に学び、上野学園大学リコーダー専門卒業、東京藝術大学大学院古楽科修士課程修了。大学を学部首席で卒業し、皇居内桃華楽堂にて御前演奏の栄を授かる。ソロ、アンサンブルで全国的に演奏活動を展開し、CD録音にも参加。現代曲の演奏にも力を注ぎ、2019年には日本現代音楽家協会の作曲家5名の主催によるリサイタルを開催、高い評価を得る。“ジョーバン・バロック・アンサンブル”、“ラ・ルベルティーナ”リコーダーアンサンブルメンバー。洗足学園音楽大学講師。

大瀧拓哉 piano
愛知県立芸術大学、シュトゥットガルト音楽演劇大学、アンサンブルモデルン・アカデミー、パリ国立高等音楽院で学ぶ。2016年オルレアン国際ピアノコンクール優勝。ヨーロッパ各地で多くのリサイタルや音楽祭に出演。2017年にフランスでデビューCD“ベラ・バルトークとヴィルトゥオージティ”をリリース。2020年には日本演奏連盟主催のリサイタルを東京文化会館小ホールで行い、音楽の友誌にて高い評価を得る。現在東京を中心にクラシックから現代音楽のアンサンブルまで幅広く演奏活動を行う。愛知県立芸術大学非常勤講師。


(C) Atsuko Ito(Studio LASP)

高橋明日香 リコーダーとピアノのための作品を集めて  シリーズ I, II, III





団体概要  OFFICE ARCHES  / ARCHES Co.Ltd.

1996年設立  バロック、クラシックのコンサート企画、マネジメントを行なっています。

各公演に関するお問合せ、チケット予約、演奏依頼などお気軽にご連絡ください。

音楽プロデューサー協会会員


■感染症拡大防止策について:2023年6月以降実施の演奏会について、各ホール、会場のガイドラインに従って開催致します。詳細はこちらをご覧下さい。



更新期日 2024/05/22